風営法のトラブルを回避して気持ちのいい一日

風俗営業店のお店は一般のお店と比べると圧倒的に、トラブルに合う可能性が高いと言えます。
ではどのようなトラブルがあるのでしょうか?

金銭トラブルについて

やはり1番トラブルの被害が多いのは、金銭トラブルです。
例えばキャバクラに行って高額請求のぼったくりの被害に合ったという人は少なくないでしょう。

ぼったくりの手口としては、セット料金で3000円ぽっきりで追加料金は発生しないと言って客を連れてきて、実際には飲食代は3000円でも、テーブルチャージや座席代として5万円が発生し、合計で5万3000円を請求してきます。

他にも1杯1000円の安いワインを、実は高額なワインだったと主張して、高額な請求をしてきたりします。
そんな理不尽な理屈で、払うわけないと思うかもしれませんが、奥から怖い男の人が出てきて払えと恐喝されれば、払ってしまう人も少なくないのが現状です。

トラブルに対する対処法

このようなぼったくりのトラブルの被害にあった場合の対処法を紹介します。
まず最初に払う意思がない事を明確に相手に伝えましょう。

もちろん、無銭飲食をするとこちらに非がある事になってしまうので、請求書を見て最初に言われていたセット料金の3000円は支払います。そしてそれ以外のぼったくりに関しては払わないという意味です。

相手側の屁理屈には耳を貸す必要はありません。
相手が文句を言ってきたら、支払った料金に不満があるのなら、少額訴訟の裁判で決着をつけます。
裁判所の判断で払えと言われたら全額支払いますと言って帰りましょう。

もし、そう告げても帰られてもらえないのなら、監禁ですし、暴力を振るわれたら暴行です。
警察を通報する理由ができたのでこの時点で通報しましょう。

ここで注意をして欲しい事は、警察に通報する時に「ぼったくりのトラブルで被害にあっています」と通報してはいけません。
なぜかというと、警察も客と店の金銭トラブルは民事不介入として扱われるので、警察が手出しできないからです。そのため監禁や暴行という理由がなければ、警察も何も対応できないからです。

また裁判所で少額訴訟の件は、まずぼったくり店側が裁判を起こす可能性は0%です。
探られたら都合が悪いのは、ぼったくり店ですから、その後裁判所に呼び出される事はありません。