風営の手数料や手続きはかなり面倒

風俗営業という言葉を聞けば、なんとなくどんなお店かイメージできると思います。
しかし、どこからどこまでが該当するのか、境界線がよく分からないという人も多いでしょう。

風俗営業とは何か?

風俗に関する法律では「客に飲食や接待を行い、一定の設備で遊興させる事」と定義されています。
ちょっとこれだけでは曖昧で分かりずらいですよね。

実際のところ、風俗店に限定している人も多いと思いますが、料亭やディスコ、クラブやパチンコ、ゲームセンターなどもこの定義に該当するお店です。営業時間は法律では、午前0時~日の出までは営業を禁じられています。

例えばメイド喫茶は基本的に該当しませんが、接客内容によっては該当するケースがあります。
そして該当するケースの場合は、年齢制限が設けられ、18歳未満の人は客としても従業員としてもNGとなります。

またキャバクラなどのガールズバーも当然該当すると思っている人は多いでしょう。
しかしながら、お酒を出すお店は、深夜酒類提供飲食店営業という業態になるので、風俗の営業とはならないのです。
ですが、どう考えてもサービス内容は風俗的ですから、規制強化の声が求められている現状です。

さらにおかしな話ですが、ピンクサロンやセクキャバなどは、性的なサービスを売りとして料金をとっています。
ですが、風俗ではなく、接待飲食営業として営業しているお店が多いのです。

なぜかというと、その方が規制が緩く、営業の許可が取りやすいからです。
つまり、法律的に言えば風俗ではないものの、営業内容的には風俗とほとんど変わらないグレーゾーンはお店も多いというわけです。

性的なサービスを求めるなら

先ほどの定義として風俗営業とは、必ずしも性的なサービスを含むお店ではないという事は理解してもらえたと思います。
では性的なサービスのお店は何に該当するの?と今度は思うかもしれません。

性的なサービスを含むお店の場合、性風俗店や、性風俗関連特殊営業になります。
そのため、風俗の営業の許可だけで営業する事はできません。

公安委員会の所定の届出書が必要となるため、手数料や手続きは面倒になってしまいます。
そのため無許可で営業するお店が後を絶たず、摘発されてしまうというわけです。