風営で無許可営業は処罰を食らう

風俗営業と一言でいっても、その業態は多様です。
法律では第1号~第8号に区分されていますが、その種類について紹介していきます。

風俗営業の種類について

種類は大きく分類すると8つに分ける事ができます。
1号営業はキャバレーなど、客がダンスをして、従業員が客に接待をして飲食をさせるお店の事です。
2号営業は1号店を除く、客に接待をして、飲食をさせるお店の事で、キャバクラやホストはここに該当します。

3号営業はクラブやディスコなど、客がダンスをして、客に飲食をさせるお店の事です。
一見1号点と同じなのでは?と思うかもしれませんが、違いは従業員が客に接待するかどうかで分類が分かれるというわけです。
4号営業は客がダンスをしますが、飲食はしないお店の事です。

5号営業は喫茶店やバーの事で、客に飲食をさせるお店の事です。客席の照明が10ルクス以下と規定されています。
6号営業も喫茶店やバーの事ですが、5号との違いは、客席が他から見通す事が困難であると規定されています。
つまり、個室があるお店と解釈すればいいでしょう。

7号営業は、麻雀やパチンコなど客が遊技を楽しむお店の事です。
8号営業は、スロットやゲームなど客が遊技を楽しむお店の事です。

無許可風俗営業

さきほど紹介した種類に該当する場合は、本来であれば営業許可を取らなければお店を営業する事はできません。
また分類は詳細ですよね。例えば3号営業の許可は受けていても、1号営業の許可を受けていないお店が客に対して接客を行っていれば、無許可営業となり、法律を違反する行為になってしまいます。

またこの許可は同じ経営者が同種のお店をオープンさせる場合でも、新たに許可を受ける必要があります。
他にもお店を誰かに譲るという場合でも営業許可は引き継ぐ事はできずに、新たに許可が必要です。
一度許可をとっていても取り消されるケースもありますし、風俗の営業許可は規制が厳しいという事を覚えておきましょう。
もちろん、規制を理解した上で、敢えて許可を取らずに営業している悪質なお店も存在します。

ちなみに無許可で営業してしまうと2年以下の懲役か200万円以下の罰金となります。
なので、従業員として働く人も、客として訪れる場合も、無許可のお店はトラブル事が多いので、避けた方が賢明です。